愚痴ることに疲れたときは:正しい愚痴ノートのススメ

澄んだ気持ちのイメージ画像

仕事や人間関係において、どうしても出てしまいがちなのが愚痴ですよね。

ご挨拶


出来れば愚痴らずに過ごしたいのに、ストレスが溜まって愚痴らずにはいられない、、、

なんてこともありますよね、人間ですもの。

今回は、そんなアナタに贈る、

愚痴とうまく付き合いつつ、愚痴を言わないでもすむようになるかもしれない方法

正しい愚痴ノートのつけ方

についてまとめたいと思います。

愚痴るのって悪いこと!?

まず最初に考えたいのは、愚痴を言うということが悪いことなのかどうか、についてです。

よく、愚痴ばかり言っていると人から嫌われるとか、周りから面倒くさがられるとか言われることがあります。

誰だって愚痴なんて言いたくないですよね。

愚痴っている自分が好きだなんて人も、きっといないのではないでしょうか。

でもでも!!!
わかっちゃいるけど、それでも愚痴らずにはいられないのが愚痴なのです。


もし、愚痴を言い合える仲間がいて、

愚痴ってスッキリ!!!よし、明日からまた頑張るぞ!

と前向きに思えるのであれば、愚痴を吐き出すことによってストレスの軽減に成功しているのですから、

気の合う仲間や共通の愚痴を共有している仲間で愚痴を吐き出す、と言うことは、

ストレス解消の一つの手段としてアリなのではないか、と思っています。


稀に一切愚痴らないという仏のような方もいらっしゃいますが、私は正直、仏にはなれません💦

ということで、個人的には愚痴を一切言わないようにする必要まではないと思うのですが、

問題だと思うのは、愚痴の量が増え、愚痴る回数が増え、

愚痴っている状況に疲れたり、愚痴っている自分に嫌気がさしたりした場合です。

また、たまには愚痴を聞いて欲しいのだけれど愚痴を言える相手がいない、という場合も当てはまります。

人は基本、自分の身に起きたことでなければなかなか共感しづらいものです。

そんな時に下手に愚痴を言ってしまって、状況を愚痴ったつもりが特定の個人の悪口を言っていると捉えられてしまったり、、、

愚痴る行為にはそんなリスクも伴います。


ではそんな時どうすればいいのか、次で具体的に説明したいと思います。

愚痴ノートを付けてみよう!!

もしアナタが、

  • 愚痴りたくないのに愚痴らずにはいられない程のストレスを抱えている
  • たまには愚痴を吐き出したいのに聞いて貰える相手がいない

という状況に陥っているのであれば、

愚痴ノートを付けてみることをオススメします。

ノート画像



愚痴ノートに書き出す内容は下記の4つ。

  1. 今自分が何に対して愚痴りたいと思っているのか
  2. 何故そのことを愚痴りたいのか
  3. その愚痴りたい出来事に対し、自分はどのように感じているのか
  4. 愚痴りたい出来事は、本当はどうしたら良かったのか


愚痴ノートを書く手順は下記の通りです。

上記項目1.2.3について愚痴ノートに書き出してみましょう。
これにより、自分が何に対して何故憤りを感じているのか、という事を頭で冷静に整理することができます。
項目4の通り、本当はどのように対処すれば良かったのか、と言う点について、自分の考えを書き出してみましょう。
愚痴を言わずにいられなくなるからには、その出来事に対する自分もしくは誰かの対処法がうまくなかったことが多いのだと思います。

=>ここまで書き出してみるとその出来事を客観的に把握することができるので、解決方法が見えてくると思います。
<後日>愚痴りたいリスト1件毎に、実際に自分がその問題の解決のために取った行動についても、忘れずに書き足しておきましょう。
「こうすればいいのではないか」と頭で考えたことと、実際の解決のための行動が必ずしも一致するわけではないので、実際のところどう対応したのかについて記録を残しておくことが大切だからです。


このようにして愚痴りたいリストが数件たまれば、自分がどのようなことに憤りを感じ、ストレスになりやすいのか、という傾向が見えてくるようになります。

傾向がわかれば、自分が似たようなことに対して愚痴りたくなっていることに気付いたり、愚痴りたくなる時の共通点が見えてきますので、

次に憤りを感じた際にその対策も講じやすくなるのです。

愚痴ノートの例

では具体例を出して、実際に愚痴ノートをつけてみましょう。

例:<愚痴りたいリスト1
仕事中に他部署の先輩が急に内線電話をかけてきたと思ったら、こちらの話も聞かずに一方的に怒鳴り始めた

前の会社でよくあった実話です💦が、この出来事に対して愚痴ノートをつけてみます。

1.今自分が何に対して愚痴りたいと思っているのか
こちらの事情も聞かずに一方的に怒鳴られたこと
2.何故そのことを愚痴りたいのか
理不尽だから。怒鳴られること自体が嫌だから。
3.その愚痴りたい出来事に対し、自分はどのように感じているのか
何故自分が理不尽に怒鳴られなければならないのか不愉快。
説明しても炎上するだけで話にならないため疲れる。
個人的感情をぶつけられるのも、人格や能力を否定されるようなことを言われるのもストレスが溜まる。
そもそも方針を決めたのは上司や社長であるため、一担当者を怒鳴っても何の解決にもならないと思うので無意味。
4.愚痴りたい出来事は、本当はどうしたら良かったのか
怒鳴るのはパワハラなので、やめてもらうようにキッパリ言う。
何とかわかってもらおうと一人で頑張るのはやめて、黙って話を聞き、「ご不満はわかりました。上司に報告しておきます。」と言って受け流す。
ストレスを発散して忘れる。


今回の例は継続中の問題ではないので、この後にこの問題の解決のために何らかの行動をとることはないため、

実際に問題解決のための取った行動については愚痴ノートに記録できませんが、

これで次回以降同じような事があった場合には既に対処法が用意できていますので、考えた解決策を実行してみることもできますし、

それがうまく行けば、愚痴りたいレベルも低減されるのではないでしょうか。

あとがき

いかがでしたでしょうか。

今回は、愚痴りたくないのに愚痴らずにはいられない、でも愚痴っている自分は好きじゃない、という方が、愚痴とうまく付き合い、

愚痴る代わりに対策を講じる事によって、結果的に愚痴らなくてもよくなるかもしれない方法について纏めてみました。

※私の場合、最初はこの方法でも良かったですが、長年パワハラが続いた後に愚痴ノートを取ってみると、思い出すことによって頭が締め付けられるという逆効果に陥りました。もし、同じように極度のストレスがトラウマのようになってしまっている場合には、この愚痴ノートではなくこちらの記事をご参考になさってください。

👇ポチっと応援して頂けるとよろこびます✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

ブログのフォローで更によろこびます✨
こどら草子 - にほんブログ村





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA