日本では当たり前!?年齢差別「エイジズム」について考える

現在40代後半にして、WEBデザイナーへの転職に挑戦している私。

本当に有難いことに、応募2社目にして面接に呼んでいただける企業さんに出会うことができました!!!

一般企業のWEBデザイナーのポジションです。

ところが世間では「年齢差別」というものが存在するというので、、、今回はその「年齢差別」というものについて書いてみたいと思います。

この記事を読むとわかること

今回の就職活動で初めて知った「年齢差別」。

  • 年齢差別とはどういうものなのか?
  • その問題点は?
  • 今自分にできることは?

そんな疑問を就職活動という目線でまとめてみました。

差別をする側の人が一人でもいなくなり、優しい世の中になることを心から願って。

初めての方へ自己紹介

会社員→キラキラしない系駐妻@シンガポール→日本で未経験からクリエイター活動中の40代主婦。ポジティブ&高め安定型。
「一度の人生楽しく生きたい!」をモットーに、エッセイや日記、お役立ち情報を発信中♪

Profile Picture

初めて知った「年齢差別」というもの

現在私が目指したいと思っているWEBデザイナーという勝手なイメージから、転職に年齢は関係ないかと思いきや、、、

  • 6〜7割の求人の必須条件に「35歳まで/40歳まで」といった年齢制限がついている
  • 条件に年齢制限を付与していない企業も、実際に書類選考に通るのは20代〜30代前半だったりする

ということを、先日ハローワークで言われたばかり。

そういえば、昨年私が学んだプログラミングの学校には就職斡旋サービスがついているのですが、申し込めるのは40歳未満でしたね。

それが現実とは思いつつも、とっても嫌な気分になるし、どうしても違和感があるのですよね。。。

こどら

年齢が理由で面接に進めないって、、、
それって「差別」じゃないの?

最近ジェンダー人種については世界でも日本でも差別について厳しく言われていますし、

もし求人の条件に「男性のみ」「日本人のみ」なんて書いてあったら叩かれるのに、何故「○歳以下のみ」は許されるのか。。。

ネットで調べてみた所、やはり年齢を理由にブロックすることは年齢差別であり「エイジズム」と呼ばれているそうなのです。

EUやアメリカでは年齢差別が法律で禁止されていたり、アメリカでは履歴書に年齢を記載しなくて良いのですって。

勿論、どんなにダメだと言っても差別がなくならないのが人の世の常ではありますが、それが差別であると認識している国認識していない国では天と地ほどの差がありますよね。

年齢差別による問題点

誰もがいずれ必ず差別される側に回るのが年齢差別

私は「誰しもが、それが差別だと思わずに差別してしまっていること」が一番恐ろしいと思います。

実際に今回差別を受ける側の立場にある私自身ですら、嫌な気持ちになりましたし、悲しい気分になりましたが、、、

こどら

悔しいけど、それが現実なら仕方ないか

と、一旦受け入れてしまいました。

職業訓練を受けるときにハロワの人がやけに年齢について言ってくるので認識しましたが、

今回実際に就活を始めてから厳しい年齢制限について知らされて、違和感を覚えてネットで調べてみて、初めて年齢差別について知りました。


現実問題として、今のような若者が少ない世の中で、年齢差別をすることによって若者しか働けないような社会を作って、一体その先に何があるというのか?

必須条件「経験者のみ」は、即戦力を求めるのであれば仕方がないこと。

過酷な力仕事に年齢制限を付与するのは安全上の問題から納得できます。

でも、一般企業の仕事に年齢制限がある理由って何???

こどら

歳を取ると頭が固くなる?覚えが悪くなる?プライドが高くなる?

それって完全にステレオタイプによる偏見であって、パーソナリティの問題ですよね。。。

パーフェクトな人なんてどこにもいなくて、働く上でだって皆何かしらの欠点や制約はあって、それは年齢とは関係ないことです。

こどら

若い人の方が長く働いてもらえる?

イヤイヤ、若い世代は昔とは転職に対する考え方が違うから、1年くらいで転職してしまうかもしれませんよ?

そう考えると、年齢差別による弊害は思いつきますが、私には利点や合理的根拠は見出せませんでした。

こどら

人生100年時代に40歳で就職に年齢制限がつくって正気ですか?

今私にできること

昔アメリカで、アフリカ系アメリカ人の方々から人種差別を受けたことがある私。

日本でだって私は女性であり、仕事の面では女性であることで差別されることも少なからずあります

私は別に活動家ではありませんし、発信力があるわけでもないので、差別反対と声を大にして叫ぶよりも、受け流す道を選んできました。

所詮、他人を差別するような人はそれまでの人ということ。

他人は変えられないので気にせず、自分だけはどんな要因でも人を差別しないように気をつけるだけ。

差別によって「どうせ私なんて」と捻くれてしまっては負けることになるし、

目を吊り上げて男性と張り合うのは自分が素敵だと思う女性像とは違うし、

女性であることが差別ではなく優位に働くような、共感力やバランス力や気配りといった面を強化して、男性との差別化を図って活躍する道を模索するようにしていました。

こどら

モチロン嫌な目にあったらその度に凹んで
めっちゃ愚痴りますけどね(笑)

(それにしても、人を差別するのと人との差別化を図るのでは、同じ「差別」という言葉を使うのに意味が全く違いますね。)


悲しいけれど、世の中には差別が溢れていますよね。。。

そして差別している側は気づいていないことも多い。

今回も、年齢で差別する企業が今から転職したいと思っていたWEB業界に多く存在するという事実は悲しいですが、モチロンそんな会社ばかりではないわけで、

きっと年齢差別をする会社は、たとえ入ってもブラックだったり、年齢以外の差別も往々にして行われている会社だと思うので、、、

こどら

自らヤバい会社だと暴露して教えてくれているのだから逆に最初から避けられて便利かも

そして今回も私がするのはただ2つ。

  • 自分は人を差別しないように気をつける
  • 年齢が差別される要因ではなく有利に働く要因になるように工夫する

結局何ごとにおいても大切なのは、流されない、自分は自分の道を行く、自分に恥じる行為はしない、外的要因で曲がらない・ひねくれない、前を向いて物事の良い面を活かせるように工夫することかなと。

こどら

嫌なことをする人のこと、嫌なことをされた話は、愚痴ってさっぱり吐き出したら、なるべく早く切り替えて前向きに頑張る!

ということでこの先、私を年齢で判断せず、今までの社会人経験や人となりを認めてくれる会社に出会えるように頑張るしかない!

もし出会えなくても就職はご縁でもあるわけで、それは自分を否定されたわけではないので、そうなったら自分でなんとかする道に切り替えるしかない!

人生というのは先が読めなくて、まさか自分がという思いもよらないことが起きるもの。

それは悪い面だけでなく良い面にも当てはまることであり、どんなキッカケでいつ花開くかなんて誰にもわからないわけで、諦めずに努力すればいずれは何とかなるもの

たとえそれが最初に思い描いていたものとは違う形に着地したとしても、結果的に笑っていられれば結果オーライです。

こどら

予定通りになんていかないのが人生ですしね

あとがき

まずは、少ない求人案件の中からご縁のある会社に巡り会えるように祈りつつ、今日もせっせと自分のペースでWEB制作を進めたいと思います。

久しぶりに4コマ漫画の方も更新したいな。

ということで、最後までお読みいただき、ありがとうございました。


※前向きな方も、前向きになりたい方も、コチラ↓を、、、

👇ポチっと応援して頂けるとよろこびます✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

こどら草子 - にほんブログ村

👇当ブログで使用している写真を販売しています

写真素材 PIXTA


バナー広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA