個人で「無料・在庫なし・個人情報なし」のネットショップ の開き方

ネットショップ

色々ありまして、先日ネットショップを開設しました、当ブログ管理人のこどらです。

  • 私が自作して開いたネットショップ(経緯・どんなサイトか)についてはコチラの記事からご覧いただけます


その記事でも書いた通り、私の作ったECサイトは正確にはネットショップではなく、

SUZURIというネットショップサービスへ繋げるための商品紹介ページというイメージです。

つまり、、、

  • SUZURIにマイショップを開いてグッズを作成&販売
  • 自作でECサイト風のグッズ紹介ページ(LP)を作成し、ブログやSNSと連携

ということで今回は、「では何故そのような形になったのか」、、、という理由を踏まえ、

個人が「無料・在庫なし・個人情報なし」のネットショップ を開く方法についてご紹介していきたいと思います。

この記事を読むとわかること

この記事では、私が今の形(SUZURI+LP)に落ち着くまでに検討した複数のケース(メルカリSHOP・Base)と、それぞれのメリット・デメリットなどをまとめました。

  • ネットショップを開こうか迷っている方
  • ネットショップにご興味をお持ちの方

など、、、いつかどなたかのご参考になれば幸いです。

初めての方へ自己紹介

会社員→キラキラしない系駐妻@シンガポール→駆け出しWEBライター兼デザイナーの40代主婦。ポジティブ&高め安定型。
「一度の人生楽しく生きたい!」をモットーに、エッセイや日記、お役立ち情報を発信中♪

Profile Picture

私のネットショップ開設の条件

あらためまして、今回私がネットショップを開くに当たっての必須条件がコチラでした。

  • ECサイトを自作すること
    (WEBデザイン作品の1つにする必要あり)
  • 無料でネットショップを開くこと
  • 在庫を抱えないこと
  • 個人情報を晒さないこと

現在主婦の皮をかぶったぷー子生活中なので、お金は掛けられません

あまりにキレイなので素性を晒すとストーカー事件とか起きても大変ですしねえ
(↑見えすいた嘘なのか、とんだ勘違いなのか。。。ヤレヤレ💦)

一昔前であれば、個人でネットショップを開く際の障壁になっていた上記の様な事柄を、今はクリアできる世の中になっているので有り難いことですよね。

まずは予備知識!

この情報は2022年2月時点のものなので、今後変わっていくとは思いますが、

まずは、、、

  • 無料でネットショップを開く方法
  • 在庫なしでネットショップを開く方法

という2つの方法について書いていきます。

無料でネットショップを開く方法

個人でネットショップを開設する上で、初期費用や固定費が掛かるのがネックになっている方も多いはず。

売れるかどうかもわからないのに初期費用や固定費が掛かるなんて、、、

かなりハードルが高いですよね

それが最近では、香取慎吾さんがテレビCMをしているBaseなどを筆頭に、初期費用・毎月の固定費が掛からず無料でネットショップを開けるネットショップサービスが増えてきました。

自分のネットショップをおしゃれな雛形の中から選んで、特別な専門知識なく比較的簡単に、しかも無料で作れるというのが画期的ですよね。


そんな中、私が今回検討した、初期費用・月の固定費が無料でネットショップが開けるサービスは下記の2つでした。

  • Base
  • メルカリSHOP

まあ結局、今回はどちらも一旦見送ったわけなのですが、、、その詳細は後述致します。

在庫なしでネットショップを開く方法

個人でネットショップを運営するとなると、一番不安なのことは在庫を抱えることですよね。

売れ残ってしまうと、仕入れに掛かった費用がそのまま赤字になるという。。。

でも!!!

それだって、今はオンデマンド販売ができる世の中なのです!!!

オンデマンド販売というのは、在庫を持たずに注文が入ってから商品を作って配送する販売方法で、

購入者側にとっては注文してから届くまでに時間がかかるというデメリットはありますが、

個人でネットショップをする側にとっては、在庫を抱えずにできるという物凄いメリットがあります。

今回私が利用したのはSUZURIというサービスですが、他にもPixiv Factory、以前私が姪っ子向けにTシャツを作ったTMIXなどなど、、、たくさんの類似サービスがあります。

SUZURIはSUZURIだけで商品を作って販売できるサイトですが、

Pixivなどデザイン作品を作るだけのサービスの場合でも、Baseやその他のオンラインショッピングサービスとの連携によって、作った作品を売ることが出来るのです。

こどら

本当に便利な世の中になったものです。。。

ネットショップ開設の選択肢!

繰り返しで恐縮ですが、今回、まず最初に私が検討した選択肢は下記でした。

  • メルカリSHOPでネットショップを開く
  • Baseでネットショップを開く

ということで1つ1つ詳しくみていきましょう。

メルカリSHOPでネットショップを開く?

私がメルカリSHOPがいいなと思った理由は、メルカリのマーケットが既に出来ているので、自分でゼロから集客しなくてもよい点でした。

ネットショップを開くまでも大変なのに、本当に大変なことは、いざ開いてからの集客ですからね。

とはいえ、、、私のその先にある狙いはWEBデザイナーになることなので、ただネットショップをひらけばいいだけではなく、自分でネットショップをデザイン出来なければ意味がなく、、、

その点、メルカリSHOPはデザインの自作どころかデザインのカスタマイズが出来ないのです。

加えてオンデマンド販売との連携はないので、メルカリSHOPで注文が入ったら、手動でSUZURIなどのオンデマンドの商品を発注する作業が必要になります。

そしてそして、、、ネットショップを開設するには特定商取引法という法律に則る必要があり、購入者に求められた場合住所・電話番号・氏名が開示されるという大問題が!!!

こどら

個人のショップだと、自宅の住所や電話番号、名前が第三者に知られてしまうとは!!!

これ、個人でネットショップをする際の大きな壁の1つですよね。

バーチャルオフィスを借りるという手はあるのですが、それにはもちろん月の固定費が掛かるので、、、

こどら

メルカリSHOPはあえなく断念。。。

メルカリSHOPのメリット・デメリット

メリット

  • 初期費用・月の固定費が無料
  • メルカリのマーケットがあるのでゼロからの集客が不要
  • アプリでネットショップができるため、専門知識がなくても簡単にネットショップが開ける

デメリット

  • ネットショップの自作・デザインのカスタマイズができない
  • オンデマンド販売との連携がない
  • 求めに応じ、氏名(本名)・住所・電話番号を開示しなければならない
    (*法律なのでメルカリSHOPだけの話ではないものの)

※2022年2月時点

Baseでネットショップを開く?

次に考えたのが、Baseでネットショップを開く方法です。

私がBaseが良いと思った理由は、

  • Pivix FACTORYとの連携によりオンデマンド販売ができる点
  • 特定商取引法による住所・電話番号の記載を、Base本社の住所と電話番号に置き換えて表示してくれる点
    (*個人のショップオーナーのみ。2022年2月時点ではこの対応が可能なのはBaseのみ)

また、Baseであればオシャレな雛形から簡単にネットショップを作れるのですが、

雛形を使わずにデザインの自作もできますし、雛形をカスタマイズすることもできます。

(ただ、、、HTMLの作り方に独特の癖があり、、、私のような実務未経験者には難易度が高かった。。。)

実は私、今回、ネットショップ自体はBaseで申請したのです。

でもBaseの場合、氏名が自分のショップに表示される仕組みになっておりまして、、、

こどら

最後まで悩んだのですが、結局夫からNGが出て、Baseも断念。。。

Baseのメリット・デメリット

メリット

  • 初期費用・月の固定費が無料
  • 専門知識なくオシャレなサイトが作れる(カスタマイズ・自作も可能)
  • ショッピングアプリと連動されているため、商品がショッピングアプリユーザーの目にとまる仕組みがある
  • Pixiv Factoryとの連携があるため(一部手作業必要)、オンデマンド販売ができる
  • ショップのアドレスを、既に独自ドメインを持っている場合には使うことができる
  • 特定商取引法による住所・電話番号の記載を、Base本社の住所と電話番号に置き換えて表示してもらえる
    (*個人のショップオーナーのみ)

デメリット

  • デザインの自作が可能と言っても自分で好きに作れるわけではなく、HTMLに独特の癖があって上級者向けか?
  • 特定商取引法による氏名公開(本名が自分のネットショップに表示される)は避けられない

※2022年2月時点

結局私はSUZURIにしました!

おさらいになりますが、私はどうしても、

ネットショップのデザインは自作、費用は掛けない、在庫は持たない、個人情報は出さない

という要件を満たしたかったので、、、

結局、

  • SUZURIでショップを開いてオンデマンド販売をする
  • SUZURIで売っている商品を紹介するサイトを自作して、ブログやSNSと連動する

ことにしました。

WEBサイトの自作が不要の方は、SUZURIにマイショップを開くだけで十分です。

ということで、コチラ↓がSUZURIのマイショップ

SUZURI
コチラからSUZURIに飛びます

そしてコチラ↓が私が自作したグッズ紹介サイトです。

ネットショップ
私の自作サイト
コチラからサイトに飛べます

SUZURIのメリット・デメリット

先ほどから繰り返しSUZURI、SUZURIと書いておりますが、、、

ところでSUZURIって何よ???

とお思いの方もいらしゃると思います。

SUZURIというのは、オリジナルデザインやイラストをグッズにプリントして販売できるオンラインショッピングサービスです。

クリエイターはデザインをSUZURIに納め、販売するための宣伝や集客をしますが、販売業務自体はSUZURIを運営しているGMOペパボという会社に委託しています。

販売業者がGMOペパボになるので、クリエイターの個人情報を世間に公開する必要がないのではないかと思うのです。

注文が入ったらGMOペパボがグッズを作成して購入者へ配送するため、クリエイターと購入者の間での個人情報のやりとりは一切ないのも安心です。

イメージとしては、クリエイターに入ってくるのはデザイン料という感じでしょうか。

メリット

  • 初期費用・月の固定費がかからない
  • 在庫を持たないので赤字にならない・在庫管理も不要
  • 売れた後、自分では何もする必要がない
  • 個人情報が漏れない

デメリット

  • 決まった商品の中から販売するグッズを選ぶため好きなものを自由に作れるわけではない
  • 既にある商品の決められた箇所に自分のデザインやイラストを印字してもらうだけなので、本格的にモノづくりをしたい人には不向き
  • 商品が売れても誰が買ってくれたのかわからないので顧客管理や分析などはできない
  • 直接工場から購入者に届くので、自分で梱包しなくて良い分、送られる商品を確認できない
  • ショップデザインのカスタマイズは出来ない

ただ、いくら在庫は持たずに済むとはいえ、サンプルが貰えないので、

人様に売る以上はデザインした後に商品を取り寄せて確認する必要があり、必要最低限の在庫は抱えることになりますよね。

ということで私は、取り寄せた商品はメルカリで売ることにしたのですが、、、

こどら

メルカリの相場より大分高い値段設定になってしまうので、果たして売れるのかどうか疑問だわ。。。

そして、SUZURIにもマーケットはあるにはありますが、売るためにはSNSなどで地道な宣伝が必要になるので、長期戦で頑張りたいと思います。

「無料・在庫なし・個人情報なし」のネットショップ の開き方まとめ!

ということで、、、

自分でデザインしたグッズを、初期費用・固定費なし・在庫を抱えず、個人情報を出さずに売りたい人にはSUZURIがオススメですよ♪

その後は、、、SUZURIに限らずどんなネットショップでも肝は集客なので、一緒にコツコツ集客を頑張りましょう!

あとがき

ネットショップ運営のためにバナー広告を作ってみたりと、WEBデザインの経験を実地で積むことが出来るので、

今回考えた方法は私にとってはなかなか有益ではあると思うのですが、、、

こどら

お小遣い稼ぎであってもお金を稼げるようになるには地道な作業と時間が必要ですね

ということで、、、最後までお読みいただき、ありがとうございました。


※ネットショップを開こうか考えている方も、ご興味のある方も、コチラ↓を、、、

👇ポチっと応援して頂けるとよろこびます✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

こどら草子 - にほんブログ村

👇当ブログで使用している写真を販売しています

写真素材のピクスタ


バナー広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA