シンガポールで節約料理:意外に簡単!牛すじ煮込みと牛すじカレー

牛すじ煮込み

シンガポール最大の敵は物価の高さ、、、

たまに

シンガポールの物価は東京と変わらない

とかって書いてあるのを見かけたりもするのですが、

えーーーーホントに???

だとすると、どんだけ日本で贅沢に暮らしてるんでしょ💦

って卒倒しそうになったりしますけど、

まあ、何を比較しているかにもよりますよね。

ご挨拶



スーパーで食材を買って自炊するには、一回当たりの会計の値段が、日本よりもシンガポールでの方が1.5倍くらい高い印象です。

我が家では、シンガポールでも比較的お安く手に入る、鳥の胸肉(胸肉は匂いがないことが多い)と牛すじを使うことが増えました。

ということで今回は、物価の高いシンガポールでも家計に優しい牛すじを使った料理のご紹介です。

シンガポールの牛すじ

シンガポールは食材のほとんどを輸入に頼っているので、鶏肉はマレーシア産牛肉はオーストラリア産をよく見掛けます。

場所によってはアメリカ産や日本産のお肉も買えますが。

牛肉は美味しくないのにお値段が高くないですか?

そんな中、ドンドンドンキで売られているオーストラリアのアンガスビーフの牛すじお買い得なのですよね。

牛すじ



グラムが書いていないのですが、1パックにこのすじ肉が2枚入って

たったの2ドル!!!

個人的にはですね、シンガポールの奇跡って呼んでます。

幸せ押し売り中


だって、日本円にしてわずか約160円ですよ?

安かれ悪かれだといまいちですが、このアンガスのすじは、硬くないしプルプルなのに油っぽくないし、美味しいんですよね。

我が家は2人家族なので、多分1パックあれば一食分になるのですが、

下処理や料理の手間を考えると、2パック買って一回に二食分作ります。

牛すじの下処理

日本では働いていたので時間のかかる料理はしていなくて、牛すじ料理もしていなかったので、日本の牛すじ事情についてはよくわからないのですが、、、(言い訳が長い💦)

よく、レシピなどでは下茹でを3回するって見かけますよね。

でも、このアンガスビーフの牛すじの下茹で1回すれば十分なのです。

牛すじを1.5cmくらいの太さに切り、鍋に、水とネギの青いところか生姜の切れ端と一緒に入れて火にかけ、沸騰したら1分ほど煮て終了です。

あとはザルにあげて、水でアクを流すだけ。

2回目の下茹でもしたことはあるのですが、ほとんどアクは出てきませんでした。

甘くない牛すじ煮込み

我が家は甘い味付けが苦手なので、他のご家庭の一般的なレシピが使えなくてですね、、、

3回くらい作ってこれで落ち着きました。

どのくらいの甘さでNGかというと、豚汁に多めに玉ねぎを入れてしまうと、、、

甘い


と言われてしまいます。。。

あ、ちなみに夫の似顔絵も描いてみましたよ。

もー〜ー、アタシ、天才???

というくらい似てないですが、、、

驚きですよねーーー。(何がだろ💦)

ちなみに、使っているお鍋はル・クルーゼのロンド、26cmです。

牛すじ煮込み

材料(1鍋分)

牛すじ   2パック
生姜    2カケ
ニンニク  2カケ
にんじん  1/3本
大根    5cm
こんにゃく 1枚
水     適量
酒     150cc
調味料
みりん   大さじ1
砂糖    小さじ1
醤油    大さじ2
味噌    大さじ2
仕上げ
味噌    大さじ1
*下茹でには、分量外の生姜のカケラやネギの青い部分などを使います
*甘いのが好きな人はみりんとお砂糖を増量してください

作り方

  1. ル・クルーゼやストーブなど保温のきくお鍋に、下茹でした牛すじとお酒、生姜、ニンニク(包丁で潰す)を入れ、ヒタヒタに水を加え、火にかける
  2. 沸騰したら弱目の中火(IHは4)にして、蓋をして50分煮込む
  3. にんじん、大根を食べやすい大きさにカットして、こんにゃくは切ってからさっと湯がいて水気を切っておく
  4. 牛すじの煮込みが終わったら、3を鍋に投入し、調味料を入れて、水をヒタヒタまで追加し、再び火にかける
  5. 沸騰したら弱目の中火(IHは4)にして、蓋をして40分煮込む
  6. 仕上げの味噌を溶かし入れ(鍋の大きさにもよるので味を見て調整)、火を止めて、蓋をしたまま30分おく
  7. 食べる直前に温め直し、盛り付ければ出来上がり

もう戻れない牛すじカレー

小さな頃から変わらず大好きなカレー

一回作ればしばらくの間、朝・昼・晩とカレーが食べられるのが幸せなワタシと、

似顔絵
夫からは自分のことを猫だと思っているペンギンと呼ばれてますが
実はどちらでもない

カレーは嫌いじゃないんだけど、一回作るとしばらく食べ続けるのが嫌な夫💦

夫の似顔絵
似てないけど一応夫です



ドライカレーも好きでよく作りますが、汁系のカレーであれば、もう牛すじ以外には戻れません💦

牛すじカレー
料理の写真が全く上手くならないのは何故???



カレーフレークは、日本で使っていたのと同じこちら↓がシンガポールでも売っているので嬉しいです♪

カレー粉

材料(1鍋分)

牛すじ     2パック
玉ねぎ     1/2個
にんじん    5cm
カレーフレーク 1袋
水       750ℓ

作り方

  1. ル・クルーゼなどの保温のきく鍋に、水・下茹でした牛すじを入れて火にかけ、沸騰したら弱目の中火(IHは4)で蓋をして50分煮込む
  2. にんじんと玉ねぎをカットしておく
  3. 牛すじの煮込みが終わったら2を鍋に入れ、再び沸騰したら弱目の中火(IHは4)で蓋をして40分煮込む
  4. カレーフレークを入れて混ぜながら火にかけ、とろみがついたら蓋をし、火を止めてそのまま30分おく

あとがき

いかがでしたでしょうか。

今回は、物価の高いシンガポールでも、勿論日本でも、手軽に買える牛すじを使ったレシピを2つご紹介しました。

牛すじ料理は時間はかかりますが、鍋任せなので、意外に失敗なく簡単に出来ますよね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

👇ポチっと応援して頂けるとよろこびます✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


シンガポールランキング

ブログのフォローで更によろこびます✨
こどら草子 - にほんブログ村





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA