シンガポールのキャロットケーキは美味しいのか!?

キャロットケーキ

シンガポールのローカルフードには色々なものがありますよね。

ご挨拶

最近私がよく試しているのがキャロットケーキ

今回は、そんなキャロットケーキについて、最近感じているこの疑問、

シンガポールのキャロットケーキって美味しいの!?

について書いてみたいと思います。

この記事を読むとわかること

シンガポールホーカーのローカルフード、キャロットケーキとはどんなものなのか、そのお味は?についてわかります。

キャロットケーキとは

シンガポールでキャロットケーキというと、こちらのこと。

キャロットケーキ
キャロットケーキ(黒)


大根餅が卵と一緒にオムレツのような感じで焼かれたものや、

この写真のように卵と大根餅が炒めてあるものを指します。

何やら中国語でお大根のことを白い人参と表現するようで、それを英語にしてキャロットのケーキ=>キャロットケーキと言うそうです。

このキャロットケーキには白と黒の2種類があって、これは見た目の通り

甘いお醤油味ですが、お醤油味と言っても日本のお醤油とはそもそも味が違うので、日本人の私たちが想像する日本のお醤油の味はしません

ホーカーセンターやフードコートで、2ドルや2.5ドルほどで売られています。

サイズが多いですし、味が単調なのでSサイズで十分ですね。

キャロットケーキは美味しいのか!?

私はいつも、シンガポール人の友人のススメに従って、キャロットケーキの黒をチリ入りで頼むのです。

大根餅はもっちり、卵はカリッとしているのですが、、、

こどら

不味くはないけど格別に美味しくはない、、、

そうそう、シンガポールの料理全般的に言えることとしては、

こどら

シンガポールの食べ物って
高い(※レストラン)、味が濃い、不味くはないけど格別に美味しくもない

と言うのが正直な第一印象

この蒸し暑い気候にあった味付けで、慣れてくると少しづつ美味しく感じてくるのですけどね。

あとはやっぱり、お店によって味が全然違うので、美味しいお店を見つけるのが鍵なのでしょうね。

ということで話を戻すと、このキャロットケーキ、複数箇所で食べてみていますが、イマイチピンとくるものに出会えていません。

先日、チョンバルマーケット2階のフードセンターで食べてみたのが先程の写真のキャロットケーキなのですが、

今までよりは美味しいけれどもやっぱり普通だったのですよね。

キャロットケーキ
これでもかと登場しますがコヤツが噂のキャロットケーキです

私が買ったストールは、エスカレーターを上がってすぐ右手のAU CHEN CARROT CAKE AND POH PIAHというストール。

来る度に目に入るので気になっていました。

でも、この記事を書くのに調べていたら、どうやら在住日本人の間で美味しいと噂されているキャロットケーキは、

このストールではなく、奥にあるKampong Carrot Cakeというストールの方のようなのです。

こどら

まあ、、、次に行ったら食べてみるけど、、、
でもね、、、もうそんなに違わない気がしてきる、、、

それとも白の方が美味しいのかなあ???

もしかして私、この日本とは違うお醤油の味があまり好きではない???

ということで、、、

果たしてキャロットケーキというのは美味しいのだろうか

という、疑問解明の旅はもう少し続きそうです。

おまけ:シュガーケーンジュース

ちなみにチョンバル2階のフードコートの搾りたてピュアシュガーケーンジュースも美味しかったです。

チョンバルのシュガーケーンジュース
シュガーケーンジュース
レモン入り2ドル(約160円)

私の大好きなクレメンティのシュガーケーンジュースとは味が違いますが、どちらも美味しいですね。

こどら

クレメンティーのシュガーケーンジュースについてはコチラから

あとがき

チョンバルマーケット2階のフードコートは、広くて綺麗で良いですよね。

人気のストールには列ができていて、まだまだ試してみたいものが色々とありますが、

何しろ我が家からはそれなりにかかるので、そうしょっ中は行けないのが悲しいところ。

ということで、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※キャロットケーキ好きの人もそうでない人も、コチラ↓を、、、

👇ポチっと応援して頂けるとよろこびます✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


シンガポールランキング





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA