日本でも爬虫類…でもシンガポールとは違う事情

タイム

虫や爬虫類が大の苦手です。

今回の記事には写真は出てきませんが、爬虫類のお話なので予めご了承ください。

挨拶

シンガポール生活では30階以上の高層階に住んでいましたが、

それでも熱帯シンガポールでは虫が多く、その虫を狙ってなのかヤモリも家の中に入ってきますし、、、

虫嫌い&爬虫類嫌いにとっては辛い生活でした

そんな私ですが、実は日本の生活でも、虫や爬虫類とは日々格闘しておりまして、、、

それは、ガーデニングをしているからなのです。

先日ようやく、しばらく空になっていたプランターに植物を植えました。

植物たち
新しくやってきた植物たち
プランター
右の子は萎れてますがすぐに復活しましたよ

このプランターはうちの夫がDIYしてくれた物なのですが、

シンガポールに行っている間の一年以上、土のみが入っている状態で放置していました。

写真の右側に写っているピンクの可愛らいしい花の咲くタイムくんが横に進出してきて、

以前からたまに、この辺りでトカゲを見かけていたため、タイムの林の下に住み着いているような気はしていました。

今回、放置していた土を掘り起こした時に虫などが出てきても怖いので、夫にお願いしてプランターの土を耕して貰っていたところ、、、

うわっっ!!!

こどら

ひいっっ トカゲ!!!

案の定といえば案の定なのですが、茶色くて丸い頭をしたトカゲが、なんとプランターの土の中から出てきてビックリ。。。

調べてみたら日本トカゲと言うらしく、土の中で生活する(?)輩みたいです。

急に出てきてびっくりはしましたが、しばらくウロウロしてから出て行ってくれたので、取り敢えずは植物たちをプランターへ植えることができました。

ただ、、、このトカゲっち、やっぱりタイムの林の下へ隠れてしまったのですよね。

このタイム、グングン育ってくれるのは有難いのですが、家の壁ギリギリまで生い茂り、林の中には小さな蟻などもウヨウヨいるので、今年の花が咲き終わったら、全て抜いてしまおうと思っております。

可愛そうですけれど、あまりに家の壁ギリギリに生えていると、シロアリが来てしまっても怖いですからね、

背に腹は代えられません。

タイム
育ち過ぎて家の壁沿いに生い茂っているタイムたち

このタイムも、抜く時にはこの下の林から一体何が出てくるのか、、、

考えただけで恐怖、、、

それでもやっぱり、家の外に爬虫類や虫が出るのと、家の中に入ってくるのでは、

全くもって、全然、天と地ほどに違うのですよね。

トカゲが例え、私の大切にしているオリーブのオリバー君の枝にしがみつくようにしてご臨終されていたとしても、、、

あの時は木の棒で振り落とそうとしても落ちなくて、仕方なく割り箸で剥がして、泣きながら目の前の川まで走りましたけれども

オリーブのオリバー
噂のオリーブのオリバー君

あの日あの時の光景を他の人に見られていたら、かなりヤバイ人だったと思います。

ミドルフォーティーがお箸でトカゲを掴んで半泣きで走っている光景ですからね、、、

それでもやっぱり、家の中で出会うよりも何百倍も何千倍もマシなのです!!!

シンガポールでは、夫が2度ヤモリを家から追い出してくれて、一度は私自身が捕獲して逃したこともありましたっけ。

あんな体験は、もう2度とごめんです。。。

  • 「ベビーヤモリとの戦いを制した日:シンガポール事件簿」はコチラから

ということで、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※爬虫類嫌いさんも、爬虫類好きさんも、コチラ↓を、、、

👇ポチっと応援して頂けるとよろこびます✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


シンガポールランキング

ブログのフォローで更によろこびます✨
こどら草子 - にほんブログ村





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA