会社を辞めて良かったこと・悪かったこと

手漕ぎカヌー

昨日から新型コロナのポスト・サーキッドブレーカー期間へと切り替わったシンガポールからお届けしております。

こんにちは、当ブログ管理人のこどらです。


日本では一足先に緊急事態宣言が解除され、徐々に自宅勤務から会社通勤へシフトする人も増えている最近。

でも、、、なんだか聞き慣れない「東京アラート」なるものが発動されて、、、

週末の驚愕の混雑っぷりをみて第二波を心配する人もきっと多かったですよね、、、


ここシンガポールでは在宅勤務できる業種は在宅勤務がしばらく続きますが、

コミュニケーションの問題もあるので、いずれは多くの人が会社通勤生活に戻っていくのでしょうね。


業種や部門によっては今後も在宅勤務を続けていくと発表している会社もあるにはありますが、

やっぱり仕事は人間がする以上、会って顔を合わせてコミュニケーションを取ることは重要なことで、

仮にずっと自宅で勤務できる仕事であれば、特殊な仕事以外は将来的に外注やAIに取って変わられてしまう可能性があるかもしれず、

起業するとか、フリーでお金を稼ぐのは本当に大変なことなので、

一番いいのはやっぱり、会社に勤めつつ、週2日在宅、週3日出勤って感じなんだよなー、と思う最近です。

そうなると会社の人間関係がすっごいことになっていても、嫌な相手に会うのが週3日に減るわけで、

毎朝「会社に行きたくない、、、休めるような言い訳何かないかな?」とか考えなくても良くなりますし、

(あ、それ、ちょっと前までの自分のことね💦)

毎朝の通勤ラッシュも軽減されるでしょうし、

家族との時間も増えますし、

リフレッシュできる分、仕事の効率も上がりますよね。

(仕事をしない人は会社にいたってどうせ仕事してませんからね〜、ってブラック発言💦)


私自身は20数年会社に勤めてきて、今年の1月に会社を辞めて、

自分探しの旅に出て、シンガポールに流れついた、、、

わけはなく💦

シンガポール赴任になる夫に帯同して引っ越してきました。


物事には全てにおいて良い面と悪い面の両面があるものですが、

会社を辞めたことについても、良かったこと悪かったことの両方があるので、

今回は、その実体験に基づくメリット・デメリットについてまとめてみたいと思います。

この記事を読むとわかること

筆者の経験から思う、会社を辞めて良かったこと・悪かったことについてわかります。

会社を辞めたいと思っている方、辞めようかどうか迷っている方の、何かのご参考になれば幸いです。

会社を辞めて良かったこと(メリット)

まずは会社を辞めて、良かったことについて挙げていきたいと思います。

パワハラや嫌な人間関係から解放された

私にとって個人的に一番大きいメリット、会社を辞めて良かったことがこれでした!

前にパワハラの実態について記事に書いたのですが、長年に渡るパワハラで自律神経を乱してしまいまして、、、

その他にも、話す度に何だか嫌な気分になる人や、接する度に異常に気を遣う人など、

合う・合わないもありますし、やっぱりどうしてもありますよね、、、嫌な人間関係って。

そういうものから解放されて、人間関係のストレスがなくなったので、

2年ほど飲み続けていた漢方薬が、会社を辞めてわずか1ヶ月で必要なくなりました。

自律神経が完全に整うにはもう少し時間がかかりそうですが、今ではほとんど不調を感じなくなっています。

体や、人によっては心を壊してまで一つの仕事や環境に固執する必要はないので、この一つの理由だけでも仕事を辞めたのは正解だったのだと思います。

自律神経失調症で体に起きる症状についてはこちらからご確認いただけます。

もし今、在宅勤務から会社通勤への切り替えに苦痛を感じて体や心に不調が出たりしている方がいらっしゃれば、、、

会社に行けなくなる状態にならないように自己マインドコントロールした方法こちら(項目4.2.1)に載せていますのでご参考まで。

時間が出来た

個人差があるのでしょうけど、私は仕事が忙しかったのと、

そもそもそんなに器用ではないので(別名ナマケモノとも言う💦)

平日は仕事をこなし、休日に家事をしたり余暇を楽しむ、という生活をしていると、

それ以外のことをする時間を持てませんでした。(ええ、言い訳ですけどナニカ?💦)

日本で働いている時からずっと家でできる仕事がしたいと思っているのですが、

そのために考えをまとめたり、準備したり勉強にさける時間が作れなくて、、、

今はその時間があるので、毎日ブログを書いたり、YouTubeの動画を編集してあげたりしていて、

これからはそれらを軌道に乗せて継続しつつ、次なる計画を考えたり、実際に形にしていくべく必要な勉強や準備を進める予定にしています。

ナマケモノさえ顔を出さなければ、、、

毎日料理ができるようになった

日本にいたときは働いていたこともありますし、

うちの夫はお腹が空いて家についた後、私が料理を作っているのを待っているのが嫌だとかいうので、

いつも時短メニューをささっと作るか、外で食べて帰るか、、、という生活を送っていて、

夫が出張の間くらいにしかゆっくり料理が出来なかったのですが、

シンガポールに来てからは時間があるので、時間をかけた料理でも、下準備や仕込みが必要な料理でも、

好きなものがなんでも作れるというのが、会社を辞めて良かったことです。

そのため今は 色んなメニュー作りたい病 にかかっていて、、、

一部の好物料理や、リベンジしたい場合を除いて、この4ヶ月間、2回以上同じ料理を夕食で作ったことがないくらい。

でもカレーはねー、特別なんですけどね。

だって3度のご飯よりもカレーが好き(ロジック崩壊中💦)だから。

で、毎日、シンガポールに来てから作っていない、もしくは今まで一度も作ったことがない料理は他にないかな〜

と考えてはメニューを決めている日々でして。

品数は少ないんですけどね、1汁1菜1メインで。

考えるのも作るのもとっても楽しいのですが、まあ、、、これはきっと今までの反動なのでしょうね。

(で、多分そろそろ飽きる💦)

会社を辞めて悪かったこと(デメリット)

お次は会社を辞めたことによるデメリットについてです。

収入がなくなった

一番のデメリット、会社を辞めて悪かったことは、何と言ってもやっぱり収入がなくなったこと。

コロナで経済が不安な今後、、、一人しか働いていないのと、二人で働いているのでは安心感が違いますよね。

私の周りの友達は子育てしながら働いているワーママ(子供が大きくなってから働き始めた子もいます)が多いですし、

今は昔の高度経済成長期やバブル時代とは違って、共働きの時代でもありますしね。

私も何かして収入を得ないとなあ、、、と思っています。(今のところ思っているだけですが💦)

収入を得るのが大変になった

で、将来的に何とか少しでも収入を得られる方向に向いて行きたくて、

かといってまだ何も形になっていなくて、取り敢えず今できることから試行錯誤を開始したばかりなのですが、

当たり前ですが、やっぱり会社に属さずに一人で何かをするということは相当大変で難しいことでして、、、

例えば、このブログやYouTube一つとってみても、書いて&編集して載せるのは誰でも簡単に出来る時代になりましたが、

多くの方に記事を読んでもらう、動画をみてもらう

ということになると、、、途端にすごく難しい。

テクニックやセンス、マーケティング力、企画力、発信力など、いろいろな能力が必要です。

何かに特化したり、個性を駆使して固定のファンを作っていらっしゃる方はすごいと思いますし、

(何にも秀でていない自称ジェネラリスト系の私💦)

ましてやブログやYouTubeで稼ぐなんて、、、手が届かな過ぎて目標にすらできませんし。。。

で、今回のアイキャッチ画像に繋がるのですが、、、

今からは豪華な客船で大海原を航海するのではなく、

小さな手漕ぎカヌーで川を行くのですが、準備中でまだ漕ぎ出してもいないという、今の私を象徴する写真にしましたよ。

世界が狭くなった

主婦になったイコール世界が狭くなるわけではないと思うのですが、

私の場合は会社を辞めて住む場所が変わったこと(知り合いの少ないシンガポールへ越してきた)、

元々の性格が社交的ではないこと(英語でいうとI’m not a people person💦)、

それから今は特別な環境で、新型コロナによるステイホーム生活を強いられているので、、、

普段話す相手は夫くらい、、、という環境でして、一気に世界が狭くなった気がします。

人と接することによって感じることがあり、考えさせられることがあり、学ぶことがあり、刺激があり、成長があるので、

人間関係の煩わしさがなくなった反面、人間関係で得られる良い面も失ったことが、会社を辞めて悪かったこと

何だか精神的にゆったり&のんびりとしすぎてしまって、再び社会復帰して仕事をバリバリと、、、とかできる気がしません💦

情報を自分で取りに行かないと取り残される感と、脳みそを積極的に使って考えていないと退化していくのではないかという不安も感じています。

あとがき

こうやって挙げてみると、デメリットは自分次第で改善できるものなので、今後デメリットではなくなる可能性もありますよね。

ということで、一番大切な体調が戻りつつあり、家族との時間が増えたことで、全体的にはメリットの方が断然大きかったことになります。

が、、、

デメリットの最たるものである収入面どう克服するのかが、今後の私の大きな課題と言えそうです。


ねー、1番の問題はそこでしょー。生活に関わるしね。どーする?

まー、なるようにしかならないのかもしれないけど、何とかするしかないしねー。

だよねー、なんだかんだで前に進むのみ!よしっ、がんばれ自分!

(↑相当迷走中の様子、、、💦)


ということで、、、

今回は、仕事を辞めて良かったこと・悪かったことについてまとめてみました。

あまり目新しい発想が出てこずに何だか書いてて恐縮ですが、、、少しでもどなたかのご参考になれば幸いです。

👇ポチっと応援して頂けるとよろこびます✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


シンガポールランキング

ブログのフォローで更によろこびます✨
こどら草子 - にほんブログ村





会社を辞めて良かったこと・悪かったこと” に対して2件のコメントがあります。

  1. まあや より:

    こどらさん、初めまして。
    私も仕事を辞めて1ヶ月くらいしたら体の不調が全部治ったので、仕事のストレスの大きさを実感しました。(ひと月のサービス残業120時間以上でした)
    今は家事育児のスキマ時間にゆるく在宅ワークしてます。
    たしかに、会社で働くと即収入は得られますが、自分の力で商品を売って得た収入には、どんな額でも達成感を感じられるので、私にはこの働き方が合ってるなあと思います(^^)

    1. こどら より:

      初めまして、まあやさん。コメントありがとうございます。
      おっしゃる通り一番重要なのはお金ではなく、自分の大切なものを優先できて、無理なく笑顔で過ごせることですよね。
      体調も治って、自分らしい働き方が見つけられたとのこと、それは何よりよかったですね♪
      そういうお話を聞くと励みになります。ありがとうございます!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA